Google

東京マンションインスペクター

マンション専門インスペクション。中立公正な立場で新築・中古とも診断します。

TEL&FAX.03-6825-2364

9.欠陥住宅や事故物件を選ばないために

マイホーム購入は人生における夢の1つです。決して安くはない買い物であるため、多くの方が欠陥住宅や事故物件を選ばないように気をつけたいと思っている事でしょう。しかし、欠陥住宅も事故物件も見分けがつきにくいものです。では、欠陥住宅や事故物件を選ばないためにはどうしたらいいのでしょうか。

欠陥住宅が生まれる理由

テレビや新聞などのメディアで欠陥住宅によるトラブルが多く取り上げられてきましたが、なぜこのような欠陥住宅が生まれてしまうのかご存知ですか。欠陥住宅が生まれるのには様々な理由があります。

その1つに建築基準法や各種品質管理に関する基準、制度や数値を理解していない、造り手側の無知による欠陥が挙げられます。また、施工職人の不足を補うために急きょ採用された、経験・知識の少ない職人さんの施工による欠陥住宅も多くあります。

事故物件とは?

一般的に言う事故物件というのは、火災や、自殺、殺人など人の死に関わる事件があった物件の事を言います。また、人の死に関わっていなくても過去に地震によって損傷していたり、大雨によって浸水していたり、シロアリ被害を受けていたりする建物で、その問題が解消していないものも事故物件に含まれます。

ホームインスペクターの出番!

欠陥住宅や事故物件を選ばないために、事前に住宅診断をされる事をおすすめします。ホームインスペクターは心理的瑕疵物件(人の死に関わっている物件)を見極める事は出来ませんが、建物の出来具合を見極める事が出来ます。プロ目線で隅々までチェック致します。

欠陥住宅に新築・中古は関係ありません。今は中古戸建てや中古マンションなどを購入して、リフォームする事で安くて理想の住まいを手に入れたいと考えている方も少なくありません。リフォームをする場合にも事前にリフォーム住宅診断を行う事で、納得のマイホームに住む事が出来ます。

中古物件を購入してリフォームをしようとお考えのみなさん、東京にある弊社ではリフォーム住宅診断を承っております。リフォーム住宅診断だけではなく、完成検査工事検査設備調査などの同行も対応致します。マイホームご購入をご検討中の方は是非ご相談ください。

ご相談はこちらから!

<8.住宅診断を依頼する時のポイント

⇒10.日本ホームインスペクターズ協会について

Google