Google

東京マンションインスペクター

マンション専門インスペクション。中立公正な立場で新築・中古とも診断します。

TEL&FAX.03-6825-2364

1.住宅診断(ホームインスペクション)を利用するメリット

マンションの購入は高額なため、建物に欠陥や問題がないかなど何かと不安に感じる事が多いかと思います。 「マイホームとして新築マンションを購入したけれど、不具合がないか心配…」「投資用のマンションを購入する際、物件の何処をチェックすれば良いのか分からない…」など、このようなときに役立つのが内覧会同行サービスです。

内覧会同行サービスを行う業者は数多く存在しますが、新築マンションの内覧会同行には、マンションに特化した専門家へ依頼される事をおすすめ致します。

安心するためのホームインスペクションサービス

住宅に精通した住宅診断士(ホームインスペクター)が、第三者的な立場から公正な判断をし、専門家の見地から住宅の診断を行うのが”住宅診断(ホームインスペクション)”です。

ホームインスペクションをご利用されると、住宅の劣化状態や不具合の有無、施工者や売主側の説明が正しいのか中立な立場で公正な診断をしてもらえる、入居後にかかるメンテナンスやリフォームのおおよそのコストについて把握しやすくなるなど、様々なメリットがあります。

住宅には一戸建てやマンション、アパートなどの種類がありますが、弊社はマンション専門の住宅診断(ホームインスペクション)サービスです。

マンション専門のマンションインスペクター

内覧会とは、お披露目会といった意味合いが強いのですが、実はお部屋の出来具合を、契約者が自らの目で確認するために設けられた、完成検査の機会です。チェックはもちろん購入者の方だけで行う事も出来ますが、一般的には表面的な指摘に終始してしまいがちです。本来内覧会では傷や汚れといった表面的な問題だけでなく、建具の建付けや床鳴り、給排水・換気設備の不具合など、入居後に見つかると対処の大変な機能面を重点的にチェックする必要があります。

マンションを安心して購入するために、厳しく専門家に住宅検査をしてもらいたい。内覧会の負担を少しでも減らしたい。といった不安を払拭したい方には、プロの目線・知識・経験・技術を持ち、中立公正な立場で建築物を判断出来る役割として、マンション専門のインスペクターがお役に立てると思います。私達が特に大切にしているのはお客様の目線で住宅購入をサポートする事です。

※なお、誤解の無いように注意点についてご案内しますと、構造躯体のチェックは病気で言うところの精密検査にあたります。通常ホームインスペクションサービスで行うのは一次検査としての健康診断にあたり、構造躯体のチェックは検査対象ではありませんので、ご了承ください。

マンションの内覧会同行サービスをお考えの方は、弊社にお任せください。 NPO法人日本ホームインスペクターズ協会公認住宅診断士、またはマンション施工に精通した一級建築士が同行し、お客様と一緒に検査を行います。予定していたご家族様が出席出来なくなってしまったなど、急なご相談にも親身になってお応え致します。

実際にサービスをご利用頂いたお客様からは、「素人には全く気がつかない点を多くご指摘頂いた」など、嬉しいご評価を多く頂いております。正式にご依頼頂くまで費用は一切掛かりませんので、安心してご相談ください。

お申し込みはこちらから!

⇒2.中古マンションの住宅診断は必要?

Google