Google

東京マンションインスペクター

マンション専門インスペクション。中立公正な立場で新築・中古とも診断します。

TEL&FAX.03-6825-2364

3月12日:新たな試み、そこに生まれた素敵なご縁。

3月12日:新たな試み、そこに生まれた素敵なご縁。

料金確認シート

こんばんは。
マンションインスペクターの亀田です。

さて、まずはこちらをご覧ください。

料金確認シート

初めての試み。
施工報酬型の新しい料金確認シート

 

画像が見えない方の為上段部分を記載します。

————-ここから————–

この度は東京マンションインスペクターの内覧会同行サービスをご利用頂き、誠にありがとうございました。

【成功報酬型料金設定の導入につきまして】

さて、ご依頼頂きました内覧会同行サービスは、より多くのお客様に良心的価格で提供する事を目指した特別な料金体系となっております。そのコンセプトは、全面的に依頼者の立場に立ったもので『不具合が無ければ、料金も安くなる』という、シンプルかつ合理的なものです。依頼主の立場で考えると、これまで無かった事が不思議なくらい公正な料金設定ではないかと思います。

今後、料金バランスや項目の精査などまだまだ改善が必要かと思われますが、ホームインスペクション(住宅診断)の需要がますます多くなる事が予想されるため、業界のスタンダードになればとあえて理想を目指しました。ご理解ご賛同いただきました事に感謝申し上げます。
———–ここまで———–

如何でしょう。
みなさんもそうだと思いますが、新しい事を始めるというのは多かれ少なかれ不安が伴います。実際僕はこれを出したばかりはとても不安でした。
世の中に受け入れられるだろうかと。

他社と比べ料金をかなり低く設定したために、
技術力やサービス品質など不安視されないだろうか?
そもそも根本的に依頼者の気持ちがわかっていないのだろうか?
自分勝手な片思いになっていないだろうか?
もしも、受け入れられないのであれば、何処を改善したらいいのだろうか?
...真剣に考えました。

でもその不安はすぐに解消されました。
一通のメールが届きました。

東京マンションインスペクター 様
御社のHPを拝見し、新築マンション内覧会への同行をお願いしたくメールさせていただきました。
内容は以下の通りです。
繁忙期だとは思いますが、可能であればよろしくお願いします。

1.立会希望日:2013年○○月○○日
2.ご依頼マンション名:○○マンション ○○○号室
3.ご物件の所在地(住所):東京都●●区○○-○○-○○
4.お部屋およびバルコニーの面積:部屋面積00.00㎡、バルコニー面積00.00㎡
5.お名前(漢字):◆◆◆◆
6.お名前(カタカナ):○○○○○○
7.E-Mail:AAAA@aaaa.com
8.電話番号(日中のご連絡先)000-0000-0000

※個人情報は伏せております。

おぉ!待望のご依頼メールです(^O^)/

その後、このお客様とは調整がすんなり行き、
新料金体系でお仕事をさせて頂く事になりました。

そして、そこには思いもよらない素敵なご縁が...

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google