Google

東京マンションインスペクター

マンション専門インスペクション。中立公正な立場で新築・中古とも診断します。

TEL&FAX.03-6825-2364

1月28日:レーザレベルでの計測について

1月28日:レーザレベルでの計測について

レーザーレベル測定

こんばんは。

東京マンションインスペクターの亀田です。

 

今日は住宅診断で使われている道具、レーザーレベルについてお話します。

SK レーザーレベル オートレビジョンセット LL-635ARS2/新潟精機
¥22,050
Amazon.co.jp

私のマンション診断ではレーザーレベルによる床、壁、建具等の診断は致しません。

 

なぜなら本来これは木造建築に対する診断方法です。

 

木造建築では構造体に直接仕上げ材が貼られています。

その為、仕上げの不陸(ふりく)、倒れを計測する事が構造体の不具合を発見することになります。

 

ひるがえってRC造、マンションではどうでしょうか、

構造体であるコンクリート面と仕上げ部分とに相関はまずありません。

 

もしも検査により大きな倒れなど見つかった場合は、

施工者様に依頼して計測器を借りるなど対応いたします。

 

大手の内覧同行業者などは、

新築物件でもレーザーレベルを使用しているようですが、

それは過剰サービスでは無いでしょうか。

 

その分も検査費用に上乗せされているのであれば、

それはお客様本位ではないですね。

 

なお、生活に支障が出るような不具合であれば、

目視で十分わかりますし、水平器があれば十分です。

 

道具のすごさだけに惑わされないようにしてくださいね。

 

それでは。

 

お客様本位のHP開設しました。

 

よろしければご訪問ください。

 

東京マンションインスペクター

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google