Google

東京マンションインスペクター

マンション専門インスペクション。中立公正な立場で新築・中古とも診断します。

TEL&FAX.03-6825-2364

1月9日:ホームインスペクターズ協会への登録写真撮影

1月9日:ホームインスペクターズ協会への登録写真撮影

こんばんは。

東京マンションインスペクターの亀田です。
本日はNPO法人日本ホームインスペクターズ協会の認定会員に正式登録をするため、自宅で写真撮影を致しました。
亀田 顔写真
妻にお願いをしてカメラマンになってもらったのですが、なかなか「これっ!」といった写真が撮れずにてこずりました。σ(^_^;)
カメラマンといえば、私が新人で配属された現場でも、最初の仕事は配筋写真の撮影でした。基礎工事の時はまるで立体迷路のように足場が入り組んでおり、なかなか思い通りの場所に行き着くことが出来ず苦労しました。
当時の思い出ですが、圧接箇所の抜き取り写真を撮影する際に黒板を使うのですが、初めてお会いした職人さんから「黒板にはワイヤー線をつけると、撮影が楽になるよ(-_☆)」とアドバイスを頂き、なるほどと思いすぐに実行にうつしました。
こんな些細なことだったのですが、その職人さんにとってこの行動は珍しかったのか、「人の話を聞いてすぐに実行できる君はいい監督になるよ!」と褒められ、とても嬉しかったのを覚えています。

それ以来、職人さんたちのアドバイスには、仕事を進める上で大切な知識が詰まってると思い注意して耳を傾けるようになりました。
なお、現場監督時代は撮影の仕事がかなり多くあり、今では写真を撮るのが得意です。先日も家族旅行の際、よその方に写真を撮ってもらったお礼に渾身の思いで撮影をしてあげたところ、期待した以上によく撮れていたようで、大変喜んでもらえました。

残念ながらうちの写真はちょっとぶれていましたが...(^_^;)
●オプションのインスペクション報告書(5,000円)は、わかりやすい写真入りでご提出いたします。確認時に指摘箇所の判別ができるか心配な方はぜひご利用ください。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google